So-net無料ブログ作成

進歩したよ [うつ病]


 
        うさ1.jpg
 
    この間の土日 ↑
 
 
 
 
月曜日プレゼンだったので、ようやく一息。
今週は少しペースダウン。ほっ。
休日出勤とかもしていたのですが、この間の土日はフリーだったので爆睡でした。
 
 
 
 

初めて先輩の会社にバイトに行ったのがちょうど去年の2月1日。
 
ちゃんと通うようになったのが去年の9月。
毎日行くようになったのが11月くらいかな?
 
最初、電車の乗り換えがどうしてもできなくて
毎日駅で迷子になるか、降りる駅を間違うかしてまっすぐ会社に着けませんでした。
同じく帰りも迷子。
 
電車に乗っている間は人に囲まれる緊張で足が震えて立てなくて。
まわりの人に震えているのがばれていないか気になりました。

お腹は毎日ぴーごろ・・・。

 
でも今は乗り換えできるし、電車も普通に乗れるし、お腹も痛くないよ。
 
 
 



nice!(68)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

うつと不安 [うつ病]

 
みなさん「うつ」と「不安」を分けて考えていますか?
わたしは主治医からこういう話を聞いているので知っていましたが、
知らない方もおおいのでは?と思ったのでちょっと記事にしてみます。
病気の方もそうでない方も参考までに・・・。
 
 
簡単に説明すると、「不安」のときはイライラ・ソワソワして落ち込み、頭の中が混沌としていて
落ち着いていられない状態になります。
ギャーと叫び泣き叫びながら暴れているようなときは、それはたいがい 「不安」です。
 
それに対して「うつ」 は、気力がなく動けなくなる状態の事をいいます。
寝たきりの状態の時などはまさにこれですね。
食欲、睡眠欲、性欲といった人間の3大欲求も無くなってしまいます。
 
 
うつ病になった際飲むお薬には「抗うつ剤」と「抗不安剤」があります。
これはそれぞれ別の働きをするものです。
「うつ」には「抗うつ剤」で、「不安」には「抗不安剤」で対処します。
なので、「うつ」と「不安」は別物なのですね。
 
 
 
「すごく落ち込んでいる状態と、うつ病の差って何?」と聞かれたことがありますが、
(うつ病になったことのない方で疑問に思っている人もは多いと思う)
前者は心のひとつのあり様であり、後者は脳の疾患です。
 
うつ病を「すごく落ち込んだ状態」と思っている人は多いと思います。
だからこそ、「甘えだ」とか言われるんでしょうね。
でも実際はまったく別物なのです。
うつ病は脳腫瘍などと同じ、脳の病気の一つなのです。
だけど日本では目に見えるものしか「病気」として見てもらえないのが現状です。
脳腫瘍の人に「甘えるな」という人はいないけど、うつ病は「なまけ病」などと言われてしまいます。
 
 
 
うつ病になったからといって、心が弱いわけでも甘えているわけでも怠けているわけでもありません。
脳の病気なのだから仕方がないのです。
そういう症状なんです。
なので現在うつ病の方は、こういう事で不必要に自責の念を感じないでくださいね。
 
「うつ」と「不安」を分けて考えましょう。
もちろん二つが混じった状態の時もありますが、治療の際には別の薬で対応しているのですよ。
 
 
 
長文失礼いたしましたm(_ _)m
個人的な解釈も混じっているので間違いもあるかもしれません。
その際はご指摘お願いいたします。
 
 
 
ちなみに・・・日本人の多くは「心はどこにある?」と聞かれると胸を指すそうですが、
海外では頭(脳)を指すそうです。
だからこそ海外ではうつ病が「脳の病気」と認識されやすいのでしょうね。
日本ではいつの間にか心の問題にすり替わってしまい、
更に根性論とか持ち出す輩がいるからうまくいかないのですよね~(´-ω-`)
  
 
 
(追記)
前記事のコメントにお返事を書かせていただきました。単文ですいません~(T_T)
皆様のブログでのnice!押し逃げ、お許し下さいm(_ _)m
 
nice!(51)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ちいさな歪み [うつ病]

 
杉村太蔵議員の秘書が自殺を図った事件がありましたね。
 
このニュースを見たとき、ふと
「どうして自分はあの時死んでおかなかったんだろう」という考えが浮かんできて。
 
あの時というのは自分が未遂したときで・・・。
 
 
うつの波がきている訳ではないし、特に落ち込んでもいなかったのですが、
このニュースに簡単に引きずられてしまいました。
記事を書いている今も、別段落ち込んでいないのですが
「死んだほうがよかったのでは」という考えが何故か消えなくて。
 
 
「カチリ」と鍵がはまった感じです。
カウンセラーの方が「パンドラの箱は簡単に開くよ」とおっしゃっていたのが今理解できました。

 
nice!(40)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

無事出席する事ができました [うつ病]

 
昨日、元同僚の結婚パーティーに無事出席する事ができました。
最後までちゃんと参加できました。
 
皆様、応援のコメントを本当にありがとうございました。
携帯から見て、励みにしました!
お陰様でなんとかなりました。
 
 
IMG_1673.jpg
 
レストランにて、2次会的ノリで行われました。
この反対側にも人がいたので・・・60人くらいいたのかな。
 
 
いざ会場に行ってみたものの、元同僚達のいる方を見る事すら出来ない状態でした。
思った以上に怖かったのです。
完全にすくんでしまいました。
2時間経ち、パーティーの最後になって「もう今しかない!」と思い切って挨拶しに行きました。
全員にお礼参りヽ(`д´ ヽ) ・・・・・・じゃなくて挨拶することができました。
私にとっての鬼門だった元上司ともお話してきました。
 
 
家に帰ってきたら気が抜けて、なんだか分かりませんが涙が止まりませんでした。
会社の事がどんなに自分にとって大きなしこりになっていたのか初めて分かった気がします。

出席してよかったです。本当に・・・。
行かなければきっと新たなしこりになっていたと思います。
でも皆様の応援がなければ行けませんでした。
本当に本当にありがとうございました<(_ _)>
 

  
事情を知っていて、ずっと側にいて、壁になってくれた知人にも改めて感謝を・・・。
別れ際にお礼を言ったのですが、その後
「決めたのはすーだし、周りのサポートがあったとしてもすー自身が変わったんだよ。」というメールが。
大泣きしました・・・。
 
 
一歩進めたかな。
そうだといいな。
 
 



nice!(58)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

一色伸幸さんのうつ病告白 [うつ病]

 
少し前の話になるのですが、NHKの番組に脚本家の一色伸幸さんが出演されていました。
「 私をスキーに連れてって (87年)」「 彼女が水着にきがえたら(89年) 」などの脚本で有名な方ですね。

しかし番組の内容は「うつ病」について。
まったく知らなかったのですが、一色伸幸さんはうつ病を患っていたのだそうです。
 
うつ病になったのは94年で、それから約4年間、98年頃まで発病していたとのこと。
調子が悪くなり始めたのは92年ごろらしいので、丸6年になりますね。
超ヒット作を作り続けた方が、大きな成功を掴んだその後そんなことになっていたなんて・・・

 
 
 
番組の途中から見たので病気のきっかけの部分を見逃したのですが、
ネットで調べたところ先輩方からのタチの悪いいびりなどが原因の一つのようです。
デザイン業界でも若くして賞を取ったりするとこういう事があります。
実際それで自殺された方もいます・・・。

  
一色さんは涙ぐみながら病気のときのお話をされていました。
脚本家という「言葉」をつかう職業のかたが語る「うつ病」は興味深いのもでした。
 
一色さんはうつ病を「こころの癌」と表現されていました。
よく「こころの風邪」という表現は聞きますよね。
一般の方に理解しやすいように「風邪」という言葉を使っているのでしょうが、
「そんな軽い表現で、軽い病気のように思わせないで欲しい」という気持ちもあるんですよね。
 
自分の思考回路が、脳が突然狂ってしまうあの感覚を「癌」という、
自身の細胞の暴走に例えたのには「うんうん」と思ってしまいました。
 
 
また「うつのときは、脳にラップを巻かれた状態で、何に対しても感情が湧かなくなる」など、
独特な、でも共感出来る言葉で語られていました。


 
現在はまた脚本家として復帰なされていますが、これがどれほど大変で、すごい事なのかというのは
同じ病気の方ならよりわかると思います。
お話を聞いていて大きな勇気をもらいました。
こういった番組をまた放送してもらいたいですね。
 
 
 




うつから帰って参りました。

うつから帰って参りました。

  • 作者: 一色 伸幸
  • 出版社/メーカー: アスコム
  • 発売日: 2007/09/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(49)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

心理カウンセリングについて [うつ病]

 
前回の日記で「男性につきまとわれている」と書いて、その後更新しなかったため
色々な方にご心配をおかけしました。
 
詳しい事は後日改めて書きたいと思いますが、とりあえず解決いたしました。
コメントをくれた方、メッセージをくれた皆さん、本当にありがとうございました。
お返事が滞っていて申し訳ございません<(_ _)>
もう大丈夫です。
 
 
 
 
 
 
 
今週は先輩のデザイン事務所にてバイトをしています。
先輩には相変わらずお世話になっています。
 
先輩はある事務所の一角を借りて仕事をしているのですが、隣の場所にいる方が心理カウンセラーさんなんです。
わたしはカウンセリングを受けていないので、人生で初めてカウンセラーさんとお会いしました。
向こうはわたしの病気の事は知らないのですが、色々とお話してくれました。
 
 
 
カウンセリングってどういうもの?と聞いたところ、こう答えてくださいました。

「カウンセリングは悩みを聞いて甘やかすことが目的じゃないよ。
 そうしてあげれば感謝はされるけど、患者さんはよくならない。
 悩み事をゼロにすることを希望してくる人が多いけど、生きていて悩み事が全くない状態なんてないよ。
 共存していかなくてはいけない。
 自分で悩みを消化できるようにしてあげるのがカウンセリングだよ。
 だから時には冷たく感じるような事も言う。
 真剣勝負だからね。」
 
 
うつ病になって、自分の中から「うつ」というモノを完全に消し去ろうともがいていた時期がありました。
しかし皆さんのブログを読んで、風邪のウィルスではないのだからそんなことは無理なのだ。
相手は自分の脳。相手は自分。
受け入れ、共存することが大切なんだと教えられた事を改めて思い出しました。
 
 
 

また、カウンセラーさんの日常を少し知る事ができました。
以前から「人の悩みばかり聞いていて、この職業の人は大丈夫なのかな」と疑問に思っていたのですが、
カウンセラーさんも月に一回、カウンセリングを受ける事が義務なのだそうです。
そこで悩み、愚痴、自分のやり方はあっているのか、などを話して自分メンテナンスをするのだそうです。
なるほど〜です。
 
カウンセリングをする側の方の考えを聞けた事は大変ためになることでした。
やはり違う視点から物事を見る、知ることは大切ですね。
 
 

 
 
昨日からインターネットTVによるオープンカウンセリング教室「こころcafe」が始まりました。
カウンセラーさん3人による、30分ほどの生放送番組です。
カウンセラーさんの番組ってどんなんよ?とあまり期待せず初回を見たのですが、すごくいい番組でした。
「うんうん!そうそう!」と頷くことしきりです!
 
カウンセリングに、そしてカウンセラーさんに対する見解が大きく変わりました。
主治医の言っている事にも、次からはもっと違う気持ちで耳を傾けられそうな気がします。
是非多くの人に知ってもらいたいなぁ、と思い急いで記事を書いております^^
 
次回放送は6月17日(火)21時から。
初回の再放送もするそうなので、気になる方は是非HPをチェックしてみてください。
http://www.jpa-web.com/



だらだらと長文をすいませんでした。
ここまで読んで下さった方々、ありがとうございます!
今日もバイトです^^
おやすみなさいませ〜。
 
 

 
 
 






nice!(53)  コメント(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

今日は病院の日でした [うつ病]

 
今日は病院に行ってきました。
 
主治医に自分が掲載された雑誌を見せてきました。
ちょっと恥ずかしかったです・・・(ノω`*)
でもとても喜んでくれました。
 
今回の事で友人や家族がとても喜んでくれて・・・よかったなぁと思います。
心配ばかりかけていたので。
 
 
 
 
 
 
さて・・・ここ最近ちょっとゴタゴタがありました。
ブログに書く余裕もありませんでした。
それというのも、ストーカーとまではいかないのですが・・・ちょっと男の人につきまとわれていて・・・。
妄想の激しい人ってこんなにも話が通じないのか、という感じで。
落ち着いたら皆さんにちょっと愚痴らせて下さい(T_T)
 
精神的にちょっとやられましたが、うつが酷くなる所まではいかなかったのが救いです。
はぁぁぁぁ・・・。
 
 
 



nice!(59)  コメント(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

バイトしてきました。 [うつ病]

 
今週は先輩の会社でバイトをしてきました。
お世話になるのは2度目です。
 
前回よりはリラックスして作業できたかな、と思います。
先輩が「疲れてない?大丈夫?」と常に気を掛けて下さったので、作業量も丁度良く(^^)
本当にありがたいな〜と思いました。
少しはお役に立てたかなぁ・・・?
 
 
バイト代をもらうときは、なんだかドキドキしました。
就職して初めてお給料をもらった時みたいでした。
 
 
 
お仕事もおわったし、個人的なバタバタも無くなってきたので、ブログに戻ってこれそうです。
うさぎ作りも滞っていたのですが、再開できそうです。
注文して下さっている方をお待たせして申し訳ないです〜(>_<)
 
 
あ、後日ちょっとしたご報告があります〜。
うふふ。
 
 
 


nice!(56)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

うつ病になって2年 [うつ病]

 
うつ病になったのはちょうど2年前の今頃でした。

まだうつ病だと自覚はしていませんでしたが、調子が悪くなったのはこの頃から。
 

2月16日は誕生日で、その日は皆に祝ってもらってとても幸せでした。
でもそれから一週間後には、謎の落ち込みが始まりました。
誕生日前後の出来事なのでよく覚えています。 
 
どうしたらいいのか全く分からず、ただただ苦しかったです。
死にたいと言うよりは、跡形もなく消えてしまいたかった・・。
 
楽し気に働く同僚が憎くて堪らなくなりました。
毎日「全員交通事故にあって会社に来なきゃいいのに」と呪っていました。
落ちていく心を、怒りと憎しみの力で何とか浮き上がらせて。
 
 
呪詛の塊になったわたし。
 
 
でも、ここまで回復できました。
 
暗い心の内を、誰も自分の事を知らないネットの世界で吐き出そうと思って始めたブログだけれど・・・
今では色々な方に支えられています。
ブログを始めてよかった。
皆さんに会えてうれしい。
 
 
 
今日、また一つ歳をとりました。
いや、とれました・・・っていう気持ちの方が強いかも。
 
 
全てのことに感謝です。
 
 

 
 
 


nice!(56)  コメント(53)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

過食嘔吐のこと [うつ病]

 
一昨年、うつ病初期の頃に過食症になりました。
それからしばらくして、それは過食嘔吐に変わりました。
 
テレビなどの特集で見た事はありました。
吐くなんて汚い!信じられない!と思っていたのに、
いとも簡単に自分もそうなりました。
 
毎日が辛くて辛くて。
お腹が満腹になった時の「ほっ」とした感じが欲しくて過食になり、いつしか吐くようになりました。
 
会社で昼食を食べても、吐いてしまい・・・。
 
毎晩家に帰るとご飯を2合炊いて食べて吐いて、その後コンビニで買ってきたお菓子を食べてまた吐いて。
これをやらないと眠れなくなってしまいました。
 
食欲のコントロールが全く効かなくなっていました。
 
 
農家の人に申し訳ない。おかずを作ってくれた人に申し訳ない。
食べ物を吐いて捨てるなんてとんでもない事だ・・・と思うのに辞められない。
そのうち、「自分はなんて駄目な人間なんだ」と自己嫌悪に陥るようになりました。
過食の気が収まってきても、今度は自分を罰するために吐くようになりました。
 
 
結局うつ病が悪化して、食欲自体が無くなってしまったので過食嘔吐は収まりました。
なので、私は自分の意志で過食嘔吐を辞められたわけではありません。
「調子がよくなったら、またやってしまうかも・・」という恐怖は今でもあります。
 

 
うつ病になると色々経験しますね。
過食嘔吐になった時、短期間で10キロ以上痩せました。
体脂肪率は14%くらいにまで落ちました。
無生理だったのに、こんな体脂肪率になってしまって・・・。悪循環でしたね。
 
今ではすっかり体重は元に戻りましたよ。
10キロ減って、10キロ太ったことになります(^_^;)
約一年で20キロの体重の移行がありました。うーん、すごい。
それにしても、吐いて痩せた体はみっともなかったな・・・。
全然魅力的ではありませんでした。
 

 


nice!(59)  コメント(53)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。